FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
作品の雰囲気は、人の心を表すため、本人と違う作風で勝負しても作品は活きてこない。
一番、自分らしい分野で勝負するほうが絶対に強い。

小さい頃は、大阪のとある街で育ったことの影響なのか、おもしろいことが大好きで、楽しい雰囲気がとても好き。キレイで美しく明るく、ニュートラルな色も好きなので、作風に進んで取り入れたりするようにしている。

逆に暗いテーマに挑戦したこともあるのだけれど、どうもしっくり来ない。暗い写真は、撮っても少しもいいと思えた試しがない。

過去には紆余曲折、色々な作風にトライして撮影してみたが、やっぱり自分の得意なテーマで勝負するほうが、自分らしくていいテーマで作品を仕上げられるような気がする。

だから、"こんな美しい景色の中で、猫が飛んでいたら面白いだろうな(笑)"
というような構想を常に懐に忍ばせておいて、撮影チャンスが訪れたときにそれを逃さずに確実に掴むように心がけている。

個性と絵柄は、常に客観的な視点から作品を観ることが大事で、自分の表現したい大事なものは何なのかを見定め、自分らしい作風を活かすことが、作品づくりを続けて行く上で、とても大切なことではないのかと思う。
スポンサーサイト
2011.01.15 Sat l 作品の話 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。